敷金を返してもらうために知っておきたいこと

敷金ってどんなもの?

賃貸住宅を借りる時は、初期費用の一部として敷金を払わなければならないことが多いです。部屋の借主は、返す時に借りた時の状態に戻して返さなければならない義務を負います。これを原状回復義務といいますが、この義務を果たす上で必要になる修繕費は、退去時にここから差し引かれることになります。残った額が手元に戻ってくるというわけですね。ですから、少しでもこの敷金を取り戻すためには、使用中にいかに部屋に傷や汚れをつけないか、が重要になってきます。

部屋の管理をしっかりすることが大切

原状回復義務の対象となるのは、借主が故意、過失により与えた損傷になります。例えば、床にこぼした水をよく拭き取らなかったためにできたシミやカビ、台所の落ちなくなった油汚れ、子供の落書き、などです。これらは、日常生活の中で注意していれば、十分防げることばかりです。こまめに部屋の手入れ、掃除をする、子供の行動をしっかり監督するなどを徹底しましょう。なお、日照による床や壁の変色や、床の家具の設置跡などは、経年変化、または通常損耗と考えられ、借主の負担となることはありません。

頭に入れておきたい入退去時のポイント

退去時は、貸主が部屋の損傷状況をまとめたあと、敷金の精算が行われることになります。ここでトラブルが起こることも少なくありません。まず、以前の住人の責任のものまで、修繕対象とされてしまうことです。これを防ぐためには、入居時に部屋の写真を撮るなどして状態を記録しておく、そこで何か異常を発見したら、すぐ貸主に報告し直してもらうとよいでしょう。また退去する際に、修繕見積書をしっかり作成してもらい、疑問点があったら貸主に相談する、納得できない場合は、自分で修繕会社などに見積もりをお願いする、という風に簡単にあきらめないようにしたいものですね。

札幌市白石区の賃貸マンションは、マンションなので、鉄筋コンクリートで造られています。ですので、大きな地震にも耐えられる強度を持っています。

You may also like...