これから一人暮らしを始める人へ知っておきたい賃貸物件の探し方

理想と現実を理解する

はじめての一人暮らし、こんな土地であんな部屋に住みたいなど理想は尽きませんよね。あなたがお金持ちならその理想に適う部屋に住めるかもしれませんが、残念ながらそうでない方がほとんでしょう。理想はいいですが、現実はどうなのか理解することです。一人暮らしをするには家賃だけでなく、光熱費や食費などの生活費、友人との交際費など様々な費用がかかります。それらをよく考えて、無理のない範囲の賃貸物件を選ぶことです。

家賃は高くても手取りの3分の1

賃貸物件を借りる際に最もネックとなるのが家賃でしょう。具体的にいくらまで出せると上限を決めてから探すことです。金額としては給料手取りの3分の1以内で収めておくと安心です。生活するにはその他の生活費がかかるため、3分の1を超えてしまうと生活が苦しくなるからです。いくら理想が見つかったからといって無理をして借りても、生活が苦しくなって途中解約となっては結局余計に費用がかかってしまいます。そうならないように家賃は手取り3分の1以内は鉄則なのです。

都市ガスかプロパンガスか

生活費で意外に重要な位置を占めるのがガス代です。特に自炊をしたり、入浴が習慣である場合、意外と費用がかかってきます。そこで少しでもガス代を抑えるために選びたいのが都市ガスです。都市ガスかプロパンバスかとなったら、間違いなく都市ガス物件を選びましょう。月に3千円くらい変わってくるケースもあります。家賃が安いからと安易に選ぶと高額なガス代の請求がとならないように、契約前にガスの種類もチェックすることです。

一戸建てに暮らすと引っ越したくても簡単には、引っ越すことができませんが札幌市北区の賃貸マンションなら賃貸なので、いつでも引っ越すことができます。

You may also like...