賃貸住宅で契約前に確認しておくことの3ポイント

ペットを飼うことの是非

ペットを飼う家庭が増えています。高齢者ともなればペットも家族の一員になりますが、マンションなどでは明確に可能と不可能を提示していますが、一戸建てとなると曖昧になります。ペットを室内で飼うのが当たり前になってきましたが、このことは大家さんに良く聞いてから契約をしなければなりません。また、ペットといえば犬猫だけではなく、金魚や爬虫類もあります。外であれば可能で室内はダメというのもありますので、最初に聞いておくことです。

礼金・敷金無しの物件について

最近の賃貸物件で、礼金・敷金ゼロという物件があります。新しく入居するには、引っ越し・家財道具の購入など費用が嵩みます。誰でも安い所と考えるのは当然なのですが、本来礼金や敷金を徴収するのは、貸す方からすれば当たり前のことです。人様の住宅を借りるのですから、お礼の意味で支払う礼金ですし、家賃が滞った時のために預かっておきたい敷金です。ところが、この二つがゼロということはそれだけ需要がないのか、何かの理由があるといえます。その理解を聞いておくことは何も悪いことではありません。

契約書に記載されていない内容で注意事項

賃貸契約書を2通サインをしてお互いに持つことになります。サインをする前に契約書に掲載されていない事項を不動産屋や大家さんから話があったものは、すべて契約書に盛り込んでもらうことです。この契約書は市販で売られているものもありますが、大抵は不動産屋が用意しています。物件には一つひとつ条件が違うため、契約時に口頭で話すことが多いのですが、これはすべて契約書の特記事項に入れてもらうことです。後で言った言わないのトラブルを避けることと、掲載されていないことは拒否できます。

賃貸住宅選びでは、まず通勤・通学のための交通アクセスを第一に考える必要があります。駅の近さだけでなく、路線の乗り入れ状況や乗り換えの必要性も考え、慎重に検討していきましょう。

You may also like...